洗顔石鹸乾燥肌なら?

乾燥肌の人は洗顔のときに余分な水分や皮脂を落としすぎないようにすることが大切です。
洗顔で必要以上に洗浄されて乾燥肌の原因になってしまっている場合があるからです。
乾燥肌の人には強力な洗浄力の洗顔石鹸は必要ありません。
これはどのタイプのお肌の方にも共通しますが、出来るだけ刺激の少ない、無添加のものがよいとされています。
無添加石鹸の中には無香料・無着色があり、鉱物油・防腐剤などが入っていないものもありますが、無添加商品ばかりではありません。
ご自身のお肌のコンディションや性質を見極めて、合う洗顔石鹸を選びましょう。
では、乾燥肌の人向けの商品は具体的にどんなものがあるのでしょうか?主な商品名をリサーチしてみました。
*草花木果(株式会社キナリ)*ウド石鹸(株式会社マグノール商事)*オリレワ(アマックス株式会社)*みつばちマーチ(LUSH)*ヒーリングソープ-白桃(株式会社ネオナチュラル)*ピュアアミーノ(ビジィマーケティング株式会社)*粋練り石けんとわだ(ケイマリインターナショナル株式会社)*2e-ドゥーエ洗顔ムース(マルホ株式会社)*無添加洗顔フォーム(牛乳石鹸)・・・などなど、ざっと挙げても多種多様な商品がありました。
この数え切れないほどの商品がある中で、ご自身に合った乾燥肌の人に向け商品を絞り込むのはなかなか大変ですね。
では乾燥肌の人は洗顔石鹸にだけ注意を向ければよいのでしょうか?残念ながら乾燥肌対策は洗顔だけで対応できるものではありません。
乾燥の一番の大敵は洗いざらしです。
洗顔後のお手入れがとても大切なのです。
洗顔後は肌の油分も洗われ、乾燥状態なので、すぐに化粧水をたっぷりとつけて水分補給をしましょう。
ここで洗顔によって失われた油分を慌ててすぐに補給しようと乳液やクリームをつけたら、お肌に水分が行き渡らないままお肌を油分で覆ってしまい、お肌のバランスを崩してしまいます。
乾いた肌が水分で潤った状態にすると、乳液やクリームの浸透が違ってきます。
ここで乾いた土を想像してみてください。
そこにまず与えるものは、水です。
そして乾燥した部屋想像してください。
部屋を潤すのは、加湿器です。
共通しているのは"水"です。
この水が乾燥からお肌を守ってくれるのです。
洗顔石鹸にも、洗顔後、突っ張らず、水分が奪われ過ぎないものや、乾燥しにくいタイプのものが出ていますが、それに安心して乾燥しにくいからと、洗いすぎることのないよう、お肌の状態をチェックしながらご自身に合った洗顔石鹸を選んでくださいね。
どくだみ茶美白効果